技術情報Technology

赤外線カメラ・赤外線センサーの種類

赤外線カメラの種類

遠赤外線非冷却型カメラ
(熱型)
  • ボロメータ型
  • サーモパイル型
  • 焦電型
遠赤外線冷却型カメラ
(量子型)
  • MCT型
  • T2SL型
中赤外線非冷却型カメラ
(熱型)
  • ボロメータ型
  • 焦電型
中赤外線冷却型カメラ
(量子型)
  • MCT型
  • InSb型
  • T2SL型
近赤外線カメラ
(量子型)
  • InGaAs型
  • InSb型
  • T2SL型
  遠赤外線
非冷却型
カメラ
(熱型)
遠赤外線
冷却型
カメラ
(量子型)
中赤外線
非冷却型
カメラ
(熱型)
中赤外線
冷却型
カメラ
(量子型)
近赤外線
カメラ
(量子型)
ボロメータ      
サーモパイル        
焦電      
InSb      
InGaAs        
MCT      
T2SL    

赤外線センサーの種類

熱型 (非冷却型)赤外線センサー

入ってきた赤外線とセンサーが熱結合して、センサーがそのエネルギーになって熱として検出し、電気信号に変えて測定しています。
熱結合はお互いに温度を合わせようとする現象ですが、センサー1つ1つはとても小さいので、自分の温度は影響しません。

量子型(冷却型)赤外線センサー

入ってきた赤外線をそのまま量子に変えるセンサーです。赤外線の光量子を格子数に比例した電気信号に変えて測定します。
熱型よりも応答が速く、高感度であるのが特長です。 しかし、熱雑音の影響を受けやすく、温度の誤差が出てしまうため、基本的に充分低い温度まで冷却する必要があります。

検出器 原理 波長域(μm) 特徴
ボロメータ 温度抵抗変化 8~12
(3~16)
非冷却
TCS>10ms
サーモパイル 熱起電力 10μm周辺 安価、低感度、低速
焦電 焦電効果 1~20 安価、低感度、低速
InSb 光起電力 3.6~4.9 中赤外に感度
高価
InGaAs 光起電力 0.8~12.0 高感度、冷却
高価
HgCdTe
(MCT)
光起電力 0.9~1.7 高感度
室温動作も可能
高価
T2SL 光起電力 0.9~14.0 高感度、冷却
高価

このページのトップへ

English Site