InGaAs近赤外線カメラInGaAs NIR Camera

NIRLine-1K/2K

カメラ外観

特徴

  • InGaAsディテクタ搭載で高速ラインスキャン動作が可能」
  • 有効画素数:1024ピクセル(NRLine-1K)
  • 有効画素数:2048ピクセル(NRLine-2K)
  • 素子ピッチ:12.5μm
  • 感度波長域:0.9~1.7μm
  • 最大ラインレート:40KHz(NRLine-1K)
  • 最大ラインレート:10KHz(NRLine-2K)

用途

  • FPD内部パターン検査
  • 太陽電池セルクラック検査
  • 印刷樹脂シート検査
  • 異種液体識別

カメラ画像例

500円硬貨 TFTマトリックスパターン

カメラ仕様

項目 Line-1K Line-2K
センサInGaAsリニアセンサ
有効画素数・
受光面サイズ
1024ピクセル
12.5×12.5μm
2048ピクセル
12.5×12.5μm
ラインレート 最高40kHz 最高10kHz
露光時間 10μs~1sで可変
感度波長帯域 0.9~1.7um(上記「感度波長域」参照)
AD分解能 16bit
暗電流 0.5pA
Fullwell 74.9Ke- ~ 31.9Me- 62Ke- ~ 10Me-
画像出力インタフェース CameraLink Base Configuration × 1
制御用インタフェース RS-232C(CameraLink経由)
電源・消費電流 DC +12V  1A
使用温度 -10~+50℃(結露なきこと)
保存温度 -25~+60℃(結露なきこと)
外部トリガ機能 外部トリガ入力およびカメラリンクCC1信号によるライン同期撮影が可能
レンズマウント 標準:M42マウント(オプションでFマウントにも対応可能)
寸法 W60mm×H60mm×D62mm(本体のみ)

感度波長特性

本体外観図

このページのトップへ

Loading
English Site