製品紹介Products

遠赤外線カメラのアプリケーション

遠赤外線カメラは、物体表面の温度分布や放射率分布を画像として出力します。
この特性を利用して、温度計測や非破壊検査用カメラとして様々な分野で利用されています。

温度計測・温度監視

チップLED発光部温度計測・カメラ:ULVIPS-04272S
可視画像:赤外画像
蛍光灯法殿部分計測
可視画像:赤外画像
御岳周辺温度計測(衛星より)・カメラULVIPS-04171S
可視画像:赤外画像

欠陥画像

アルミ包装ハップ剤内容物検査
・カメラ:ULVIPS-04272S・レンズ:f=25mm接写アダプタ
可視画像:赤外画像
高速道路補修跡検査(中国道 昼間)可視画像
・カメラ:ULVIPS-04272S ・レンズ:f=19mm
可視画像:赤外画像
高速道路補修跡検査(中国道 昼間)遠赤外線画像
・カメラ:ULVIPS-04272S ・レンズ:f=19mm
可視画像:赤外画像

夜間監視・ナイトビジョン

航空機(夜間 距離約1.5km)
カメラ:ULVIPS-05251S ・レンズ:f=225mm
可視画像:赤外画像
山(早朝 距離約3km)
・カメラ:ULVIPS-PICO384L・レンズ:f=35mm
可視画像:赤外画像
横浜(夜間 距離約3km)
・カメラ:ULVIPS-05251S・レンズ:f=225mm
可視画像:赤外画像

夜間遠方監視システム

夜間遠方監視
項目 仕様
使用カメラ/レンズ 05251S+OPH-25225Z
視野角 広角時:38.4×28.8度
望遠時:4.4×3.3度
旋回角度 水平:-135~+135度
垂直:-45~+15度
旋回位置精度 ±0.1度
映像出力 Gig-E Vision フォーマット
(HD-SDI出力にも対応可能)
レンズ・旋回台制御 RS-485半二重通信
ハウジング 防水・補正用シャッタ搭載
低温時作動ヒータ内蔵
寸法 旋回半径:350mm
旋回最大高さ:800mm

移動体画像処理

高速移動(500mm/sec)するアルミスケールを撮影!

ボロメータ型の赤外線素子は、熱時定数を持っているため、高速移動体を撮影すると画像が流れます。 この対策として、カメラをパーシャルスキャンで動作させ、熱時定数より短いフレーム間隔(10ms以下)で同じ視野を2回撮影し、 その2枚の画像から熱時定数成分をキャンセルする処理を行います。
この処理により、絶対温度は計測できませんが、高速で移動する物体の欠陥を捕らえることが可能です。(この処理はPCなどカメラ外部で行います)

移動体画像処理

サイディングボード壁の漏水検査 可視画像:赤外画像 内部に水分があるため、太陽光による温度上昇が小さい

太陽電池マイクロクラック

可視では見えにくい幅数μmのクラック検出 良品・不良品

このページのトップへ

Loading
English Site